契約にかかる諸費用

さて、購入時に税金以外の費用がかかりますが、何があるかご存知ですか。

今回はそんな諸費用について説明したいと思います。まず、「車庫証明」。

車を駐車する場所を証明するのが車庫証明書です。販売店に代行してもらうと、申請代以外にも代行手数料がかかるので、少しでも節約したい方は自分でしましょう。

次に、「登録代行」。販売店に陸運局での車の名義変更を代わりにしてもらう場合に発生する印紙代などの法定費用とその代行費用です。陸運局までの交通費や代行する人件費が実費で計上されるので高すぎる場合は要チェックです。かなりの高額の車を購入する場合に、ローン及びクレジット会社が公正証書を作成するときに必要なのが「公正証書作成費用」です。

これは車の支払いが出来なくなったときに差し押さえするために必要な書類です。出来ればきれいに支払いを終えたいものですね。

その他下取り車があった場合に、もとのオーナーから販売店に変更するための手続きに必要な諸費用である「下取車諸手続」、購入した車を指定の場所まで搬送してもらう費用「納車費用」、「点検・設備代」があります。

車買取価格のチェック

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック